new icon女性の転職には安定感のある医療事務がおすすめです

人生の転機は色々ありますが、結婚や出産を機に、転職を考える女性は多くいます。そんな女性にお勧めの職種として、挙げられやすいものに医療現場での事務があります。

医療事務は病院の事務仕事を担う職業です。患者さんから受け取った保険証や、医師の診療の内容について記したカルテなどを参考にして、レセプトという名の診察の明細書を作成するのが主たる仕事になります。

受付に常駐する場合が多いですが、病院の窓口の対応業務を行うなど、接客業に近い面もあります。病院が職場となるので安定感があり、専門知識をそれほど必要としません。通信講座でも取れる資格があれば年齢に関わらず就職することが可能で、その容易さにより人気が高くなっている仕事です。情勢のために職が減るような職種ではなく、働き口はいつもあり、資格さえ持っていれば転職をしたいと考えた場合に、コンスタントに募集を探すことが可能です。

cap image


医療事務の仕事に必要とされるスキルは、レセプト作成能力と患者さんと接する上でのコミュニケーション力です。レセプト作成は未経験の人間がすぐに行えるものではないものの、医療事務についての学習をすることで身に付けられるもので、社会人として働いてきた経験がある人ならば難易度は高くありません。加えて近年、手書きでのレセプト作成は衰退気味といった傾向にあり、パソコンなどを使用して簡略化されたシステムの中で入力していくのが実際の業務となるため、以前に比べてさらに快適に作業をこなせるようになったと言われています。しかし、作成能力にパソコンのスキルが加わったことで、注意しておく必要があります。

事務処理能力以外のスキルとしては、やさしく聞き取りやすい話し方で患者さんと対峙することができる人が望まれます。転職活動の際には自己の印象にも気を付けながら、接客業の面接に挑む時と同等に振舞うことが肝になってくるでしょう。

医療事務は女性の多い職業ですので、女性にとって働きやすい環境が整っており、家事や育児と両立できる仕事を探すための転職には、特に有効な選択肢となります。